.NETアプリケーション開発用フレームワーク Open棟梁

|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

日立ソリューションズ

banner

トピックス

2014年11月01日
  • Open棟梁 ver 01-50 をリリースしました。
2014年04月23日
  • Open棟梁がGitHub(OpenTouryo)に登録されました。
2014年04月23日
  • Open棟梁をオープンソースとして公開しました。
2014年04月23日
  • 弊社のOpen棟梁のサイトを新設しました。

概要

Open棟梁は、.NET Framework 2.0 以上を前提とした、フルスタックのアプリケーションフレームワークです。 Web(ASP.NET, ASP.NET MVC)、C/S(WinForm, WPF)バッチ、RIA(Silverlight, HTML5)、WebAPI、組込み等の各種方式に対応し、高品質なアプリケーション開発を可能にします。

経緯

  • Open棟梁の母体である「棟梁」は、2007年に日立ソリューションズ(旧日立システムアンドサービス)で開発されました。
  • これまでの7年間で、当社の多数のプロジェクト(受託開発やプロダクト開発、小規模部門システムから大規模基幹システムまで)で採用されてきました。
  • 品質・信頼性が高いシステムを実現するには、実績に裏打ちされた開発基盤の活用が効果的です。棟梁には、当社が.NETアプリケーション開発で長年蓄積してきたノウハウが集約されています。
  • IT技術は変化が激しく、近年は技術の選択肢が増え、複雑化の一途です。.NET技術を今後も利用される組織やユーザに、棟梁をより多く使って頂くために、Open棟梁という名称でオープンソース化しました。

特徴

(1) 特定の業種や業務を問わず汎用的に利用可能

  • 組織での再利用を前提にしたアーキテクチャ設計と標準化が可能
  • 開発要件に合わせたカスタマイズを容易にするクラス設計

(2) ソースコードだけでなくドキュメント類も完備

  • 利用ガイド・チュートリアル
  • オフショア開発のための英語版マニュアル

(3) 小規模部門システムから大規模基幹システムまで利用可能

  • プロジェクト・テンプレートを作成することで迅速な開発プロジェクトの立ち上げが可能。
  • プロジェクト・テンプレートをカスタマイズすることで多種・多様なアーキテクチャへの対応・標準化が可能。

(4) 新しいMicrosoft技術へ追従

  • Silverlight、ストアアプリ
  • Microsoft Azure、ASP.NET MVC

機能

(1) 汎用性とカスタマイズ性を両立させた3層アーキテクチャ

  • P層
  • Visual Studioのデザイナの操作性を損なわない造り。
    • 画面遷移制御、セッション管理
    • 不正操作防止、入力チェック.etc

  • B層
    • フロー制御
    • 下記の基本処理(カスタマイズ可能)のフローを制御
      • 開始終了処理、例外処理
      • DBコネクション管理、トランザクション管理
      • ログ出力、性能測定

    • 通信制御機能
    • 各種プロトコルを用いたサーバ間のリモート処理機構を提供。
      これによりオンプレやクラウドを含む多彩なシステム構成に対応可能。

    • ヒューマン・ワークフロー機能
      • 複雑なヒューマン・ワークフローを定義 & 処理可能。
      • ワークフロー定義をワークフロー・シミュレータでテスト可能。
      • ステータス管理機能・履歴管理機能も持つ。
  • D層
    • MyBatisライクなデータアクセス・ライブラリ
      • 動的パラメタライズド・クエリ
      • 動的パラメタライズド・クエリ定義・検証ツール
    • バッチ処理用SQL生成部品

(2) 共通ライブラリ群

  • 文字列編集、入力チェック機能
  • ログ出力、共有情報・メッセージ管理
  • 国際化対応
    • ローカル時刻 ⇔ UTC変換
    • 各種メッセージリソースのCultureInfo対応
  • 非同期イベント制御、共有メモリ管理

(3) ソース生成機能

  • テーブルCRUDのD層自動生成機能
  • テーブル・メンテナンス画面の自動生成機能
  • データ・メンテナンス画面の自動生成機能

(4) カスタムコントロール(WinForm、WebForm)

  • 文字列編集、入力チェック機能、Grid内表示

歴史

2007年
  • ASP.NET用フレームワーク「棟梁」誕生
2008年
  • 2層C/S対応(DB Transaction対応 B層ベースクラスの追加)
  • 動的パラメタライズド・クエリ機能の追加
  • Visual Studio 2008対応
2009年
  • 3層C/S対応(通信制御機能の追加)
  • D層自動生成機能の追加
  • Ajax対応(ClientCallback、AJAX EXtension)
2010年
  • WPF/Silverlight対応
  • Visual Studio 2010対応
2011年
  • 組み込みアーキテクチャ対応(非同期イベント機能)
  • Windows Azure Paasアーキテクチャ対応
2012年
  • ASP.NET MVC、Windowsストアアプリ対応
  • 通信制御機能のWCF対応
  • Visual Studio 2012対応
2013年
  • 入力チェック機能付きカスタムコントロールの追加
  • Entity、型付DataSet自動機能の追加
  • Visual Studio 2013対応
2014年
  • Open棟梁としてオープンソース化
  • ヒューマン・ワークフロー機能の追加
  • テーブル・メンテナンス画面の自動生成機能の追加
  • データ・メンテナンス画面の自動生成機能の追加

ライセンス

前提環境

開発環境

対応データプロバイダ

ダウンロード

本体

テンプレート・ベース

テンプレート・ベースに同梱されるサンプルはOpen棟梁の評価に利用できます。
また、テンプレート・ベースをチュートリアルの内容に従いカスタマイズすることで
当該Visual Studioバージョンの案件向けプロジェクト・テンプレートを作成できます。

注意

  • 最新版はGitHubのOpenTouryoProjectからダウンロードして下さい。
  • サンプル・プログラムには、Visual Studioの生成するDLLやOSSライブラリが含まれます。

問い合わせ先