FortiGate FAQ - ネットワーク

MTU/MSSの変更方法を教えてください
ID
 : 
FG-11-0018
公開日
 : 
2019/04/01
更新日
 : 
OS Ver
 : 
5.4, 5.6, 6.0
 MTUは、インタフェース設定で、MSSはインタフェース設定または、F/Wポリシーで設定することができます。
 設定は、何れもCLIからのみ行います。(GUIでの設定は行えません)

・MTUの設定
 MTUを変更する場合は、インタフェース設定に入り、以下を設定します。
config system interface edit "インタフェース名" set mtu-override enable <- MTUの変更を有効化 set mtu <変更するMTU値> <- MTU値を設定 next end

 設定を戻す場合は、mtu-override を disable にします。
config system interface edit "インタフェース名" set mtu-override disable <- MTUの変更を無効化 next end

 以下は、wan1 インタフェースに mtu 1454 を設定する場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config system interface FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # edit wan1 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # set mtu-override enable FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # set mtu 1454 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # next FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # end

 以下は、wan1 インタフェースの mtu 設定を無効にする場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config system interface FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # edit wan1 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # set mtu-override disable FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # next FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # end


・インタフェースでMSSを設定
 インタフェースでMSSを変更する場合は、インタフェース設定に入り、以下を設定します。
 尚、FortiGateは、デフォルトではMSSの書き換えを行いません。初期値は0(ゼロ)が設定されています。
config system interface edit "インタフェース名" set tcp-mss <変更するMSS値> <- MSS値を設定 next end

 インタフェースに設定したMSSを無効にする(初期値に戻す)場合は、インタフェース設定に入り、以下を設定します。
config system interface edit "インタフェース名" unset tcp-mss next end

 以下は、wan1 インタフェースに mss 1400 を設定する場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config system interface FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # edit wan1 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # set tcp-mss 1400 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # next FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # end

 以下は、wan1 インタフェースの mss 設定を無効(初期値に戻す)する場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config system interface FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # edit wan1 FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # unset mtu FGT60EXXXXXXXXXX (wan1) # next FGT60EXXXXXXXXXX (interface) # end


・F/WポリシーでMSSを設定
 F/Wポリシー単位で、MSSを設定する場合は、個々のF/Wポリシーで以下設定を行います。
config firewall policy edit "ポリシーID" set tcp-mss-sender set tcp-mss-receiver next end

 F/Wポリシーで設定したMSSを無効にする(初期値に戻す)場合は、以下設定を行います。
config firewall policy edit "ポリシーID" unset tcp-mss-sender unset tcp-mss-receiver next end

 以下は、ポリシーID 100 のF/Wポリシーに mss 1400 を設定する場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config firewall policy FGT60EXXXXXXXXXX (policy) # edit 100 FGT60EXXXXXXXXXX (100) # set tcp-mss-sender 1400 FGT60EXXXXXXXXXX (100) # set tcp-mss-receiver 1400 FGT60EXXXXXXXXXX (100) # next FGT60EXXXXXXXXXX (policy) # end

 以下は、ポリシーID 100 のF/Wポリシーの mss 設定を無効(初期値に戻す)する場合の設定例です。
FGT60EXXXXXXXXXX # config firewall policy FGT60EXXXXXXXXXX (policy) # edit 100 FGT60EXXXXXXXXXX (100) # unset tcp-mss-sender FGT60EXXXXXXXXXX (100) # unset tcp-mss-receiver FGT60EXXXXXXXXXX (100) # next FGT60EXXXXXXXXXX (policy) # end